「万葉集をフランス語で歌う」リヴィエール音楽サロン Salon de Riviere

「万葉集のフランス語朗唱」と「シャンソン」

フランス語に翻訳された万葉集とはどんなものでしょうか❓ 万葉集は和歌形式(短歌)の「五七五七七」で詠まれています。 例えば「梅の花」の中には「音節」が何個あるでしょうか❓ 音節とは「ア・イ・ウ・エ・オ」の母音のことです。 う(1個)+めェ(1個)+のォ(1個)+はァ(1個)+なァ(1個)音節は合計(5個)です。 皆様は手近な「俳句」を詠む時に、指を折って音節を数えますね。 フランス人(語)も指を折って音節を数えながら、五七五の音節で俳句を詠むのです。この五七五が重要なポイントです。 梅の花「fleurs de prunier」は「フル(ゥ)ール・ド(ゥ)・プル(ゥ)・ニ(ィ)・エ」で、五音節と数えます。上の「フ・ル」と「プ・ル」の2個の子音は続けて速く発音するので、母音が入らないと考えるのです。 ◆それで、私が万葉集に付けたメロディで、フランス語万葉集も歌っています。

リュクサンブール公園 Jardin du Luxembourg

202パリ高校生大句会IMG_8947

パリ高校生大句会

パリ高校生大句会IMG_8883

パリ高校生大句会

パリ高校生大句会㉒IMG_8869

2021年6月 俳句吟行<パリの高校生大句会>

2021年6月15日:NHKBSテレビ番組で、俳句を学ぶパリの高校生の様子を伝えていました。
 2015年に大阪市南森町の「アンスティチュ・フランセ関西 - 大阪(旧 大阪日仏センター=アリアンス・フランセーズ)」で「ポエジー入門」を受講していた時のフランス高校生の俳句を掲載しています。
◆ハイビジョンスペシャル 地球俳句 フランス 巴里の秋 女子高生と大句会(2003年)
近年、俳句の愛好者が世界中に広がっており、俳句を授業に取り入れる小中学校や専門的に研究するグループも増えた。作家で俳人の小林恭二さんと、初心者の女優、井川遙さんがパリを訪れ、句作に挑む。また、パリの高校で俳句をレッスン。最後に自分の作品を発表する句会を催し、言葉や文化の違いを超えて創造の楽しみを分かち合う。◆(この文章はNHKアーカイブスから転載しています。)

プレミアムカフェ 地球俳句 フランス 女子高生と大句会(2003年)
パリ大句会 Kukai au Paris

  Valentine  
L'ambiance venteuse 風の波
Perce l'eau formant des vagues 水に差しこむ
L'automne est la frais 秋さわやか

◆ Gabrielle
La grande Dame 鉄の貴婦人は
le ciel Effleurant 空を抱く
de fer Embrasse le paradis 天国に軽く触れながら
 
★ Clea
Les mouettes effleurent l'eau 水切るカモメ
Les effluves se font sentir 香りに感じる
Vent de fraicheur 涼しい風
  
ぁ Delphine
La Ville se dessine 夢見がちに
En revant nous admirons 街が姿を現す
Ses nombreux mysteres 無数の神秘 

ァ Cleo
De St-Germain au Luxembour サンジェルマンからリュクサンブルグ
De passant reve 歩行者は夢見る
Les idees worrent.. .想いは飛び去る

Α Alieno
Eventail de feuilles 葉の扇  
Au passage Mazarine マザリンの小道で
Souvenirs joyeurx 陽気な思い出  

А Margot
Le soleil perce 太陽が
Les feuilles sous mes pas 私の足元の葉を突き刺す
Le rouge-gorge chante ロビンが歌って
et s'en va 行く
(上の日本語訳はフランス語俳句の翻訳機能から)

─ gabrielle
Ils sont seuls, 彼らは一人で
amoureux noyes 恋人たちは
dans un ocean de couleur 色の海に溺れています
(上の日本語訳はフランス語俳句の翻訳機能から)


Vis et Coule 滾々(こんこん)と
Jaillic a flots Le mais 生きて流れよ
de l'absense des Dieux 神無月


Le savoir s'expose a nous 知は気まぐれに
au gre his humains その姿を現す
to Di Grestent des esprit que さまよえる魂


Tout s'envole sur son passage 何もかも
Nos reve aussi 夢も飛び去るその道は
Le vint? le temp de la la vie? 風?時?それは人生


L'ambiance venteuse かぜの強い雰囲気が
perce l'eau formant des vagues 水を貫き、波が落ちるここに、
l'automne est la, frais -秋は涼しい
(上の日本語訳はフランス語俳句の翻訳機能から)


Le savoir s'expose a nous 知は気まぐれ
au gre des humains その姿を現す
to Di Grestent des esprit que さまよえる魂

★Tatiana
Sur la place des poete 詩人たちの広場で
Les pigeon s'envolent 鳩は飛び立つ
Libre 自由に

★Julietter
Entre les immeubles 建築の谷間に
La nature tente de laisser 生き抜く自然
Depasser quelques branches 木々の枝

亜Margot
Poete des mots transforme des reve 詩人は夢の変革者
Matin d'automne 秋の朝
Ames'envole 魂は飛び立つ

院Valentine
L'ambiance venteuse 風の波
Perce l'eau formant des vagues 水に差しこむ
L'automne est la frais 秋さわやか

押Delphine
La Ville se dessine 夢見がちに
En revant nous admirons 街が姿を現す
Ses nombreux mysteres 無数の神秘

魁IMARE
Je traverse les couleurs chaude 暖色を通り抜け
Le froid me glac 寒さに凍える
Ou va le vent ? 風はどこへ

粥ヴァロンティーヌ
La lumiere pale 淡い光が
se reflete sur les feuilles 葉に反射して
tombant peu a peu 徐々に落ちていく
(上の日本語訳はフランス語俳句の翻訳機能から)

㉑★Tarlana
Le soleil emerge 太陽が出ている
La Brise s'eveille そよ風は目を覚ました
Le calme neone 穏やかなネオン
(上の日本語訳はフランス語俳句の翻訳機能から)

㉒★
Nos larmes s'evadent 涙飛び去る
Sur le dos d'un oiseau 鳥の背に
Dans le vent, au loin. 風の中

◆日本から参加した遥さんの句 
★この雫誰に羽ばたく
★さんさんと生きて流れよ神無月

A班吟行 パリ・Seine川
B班引率 クリストフ セイ先生
B班吟行:ガルチェ・ラタン Quartier Latin ソルボンヌ大学や国立図書館のある文教地区

◆引率の先生の声
 「神が季節の秩序を忘れたかのように、正に秋の句、エネルギーと、ちからにあふれすぎて」
◆次の生徒たちの声は「何番の俳句」に合った言葉でしょうか、
<友人の俳句への感想>・<自分の作品の説明>
「サンジェルマンはパリの“砂粒”だけど、 にぎやかな生の大洋やってことね」
「この季節には全ての動きが止まっていき、 眠りにつき、 死んでゆくから」・「知という言葉」・「おレンジ色に紅葉した葉」・「カエデの葉っぱよ」

◆パリで「俳句吟行」を主催された教授のお言葉は
「このように、美しく素直で、、、」と、感激しておられました。

私も、パリの女子高生たちは本当に素晴らしい感性の持ち主だと思いました。私たち日本は古来より「言霊(こよだま)の幸(さきわ)う国」だと言われています。日本の高校生たちも、美しい「大和言葉」で、心の中を叙情豊かに表現してくれると思います。


「梅花の歌32首」併せて「序」と「万葉集巻5・815〜352」

< 日本文学研究者ルネ・シフェール氏による「フランス語万葉集」から掲載する。序は伊藤博著「萬葉集譯注(3)」集英社文庫より。
Trente-deux poemes sur les fleurs de prunier. (Avec une preface):
梅花の歌32首併せて「序」

L'an deux de Tenpyo, le treize de la premiere lune, l'on se reuni en la residence du respecte Gouverneur General, et l'on y tint un banquet.
天平二年正月十三日に、帥老(そちろう)が宅(いえ)に萃(あつ)まりて、宴会(うたげ)を申(の)ぶ。

Voici le beau mois du debut du printemps,
時に、初春の令月(れいげつ)にして、

l'air est doux et la blise legere,
氣淑(よ)く 風和(やはら)ぐ。

le prunier a deploye ses fleurs blanches comme poudre d'une belle a son miroir,
梅は鏡前(きやうぜん)の粉(ふん)を披(ひら)く、

l'orchidee repand une odeur suave comme poche a parfums.
蘭は珮後(はいご)の香(かう)を薫(くゆ)らす。

Ajoutez a cela les nuages qui, au point du jour, s'accrochent aux cimes,et les pins qui, s'en faisant un voile, inclinent leur ombrelle;
しかのみにあらず、曙(あした)の嶺(みね)に雲移り、松は羅(うすもの)を掛けて蓋(きぬがさ)を傾(かたぶ)く、

le soir un bloillard se forme sur les cimes, et les oisseaux, enfermes dans cette tenture,errent dans les bois.
夕(ゆうべ)の岫(くき)に霧結び、鳥は穀(うすもの に封(とじ)らえて林に迷(まと)ふ。

Dans le jardin dansent les papillons nouvellement eclos
庭には舞ふ新蝶(しんてふ)あり、

et dans le ciel passent les oies qui s'enreviennent.
空には歸る故雁(こがん)あり。

Lors donc, le ciel pour dais et la terre pour tapis,
ここに、天(あめ)を蓋(やね) にし、地(つち)を坐(しきゐ)にし、

approchant nos genoux, nous faisons circuler les coupes.
膝(ひざ)を促(ちかず)け觴(さかずき)を飛ばす。

Toute l'assemblee en oublie la parole,
言(げん)を一室の裏(うち)に忘れ、

et l'on ouvre le col des vetements aux blumes du dehors.
衿(きん)を煙霞(えんか)の外(そと)に開く。

Chacun prend ses aises et en eprouve une agreable satisfaction.
淡然(たんぜん)自(みずか)ら放(ゆる) し、快然(くわいぜん)自ら足(た)る

S'il n'existait le jardin des Lettres,comment exprimerions-nous pareilles emotions?
もし翰苑(かんゑん)にあらずは、何をもちてか情(こころ)を攄 (の)べむ。
Dans la poesie en langue de Han, elles sont decrites dans la rubrique de la chute
des fleurs de prunier;
詩に落梅の(へん)を紀(しる)す。
or, de jadis et naguere,ou est la difference ?
古今それ何そ異(こと)ならむ。

Ainsi donc, sur le theme : << Pruniers du jardin >>,composons-nous quelques poeme courts.
よろしく園梅(えんばい)を賦(ふ)して、いささかに短詠(たんえい)を成(な)すべし。
◆ それでは「庭の木] のテーマで、いくつかの短い詩(短歌)を作りましょう

万葉集巻5・815  大貳紀卿(だいにききやう)
 正月(むつき)立ち 春の来(き)たらば 如(かく)しこそ 梅を招(を)きつつ 楽しきを経(へ)め
A la premiere lune
lorsque revient le printemps
nous faisons en sorte
que les pruniers pour convives
nous soyons tout a la joie
       Messire de Ki, Adjoint au Gouverneur General

816  少貳小野大夫(せうにをのだいぶ)
 梅の花 今咲ける如(ごと) 散り過ぎず 吾(わ)が家(へ)の苑(その)に ありこせぬかも
fleurs de prunier
fleuries ainsi qu'a cette heure
sans vous disperser
au jardin de ce logis
pourriez-vous point demeurer
     Le sire de Wono, Adjoint en Second

817 少貳粟田大夫(せうにあわただいぶ)
 梅の花 咲きたる苑(その)の 青柳(あほやぎ)は 蘰(かづら)にすべく 成りにけらずや
Du jardin ou fleurs
de prunier s'epanouissent
le saule viride
a-t-il point verdi assez
pour en faire des couronnes
      Le sire d'Awata, Adjoint en Second

818 筑前守山上大夫(ちくぜんのかみやまのうへだいぶ)
 春されば まづ咲く屋戸(やと)の 梅の花 独り見つつや 春日(はるひ)暮らさむ
Quand vient le printemps
au logis d'abord fleuries
fleurs de prunier
vais-je done seul a les voir
vivre ce jour de printemps
     Le sire de Yamano.uhe, Gouverneur de Chikuzen

819  豊後守大伴大夫(とよのくにのみちのしりのかみおほともだいぶ)
 世間(よのなか)は 恋繁(しげ)しゑや 如(かく)しあらば 梅の花にも 成らましものを
En ce bas monde
desirs sont insatiables
s'il en est ainsi
autant vaudrait devenir
fut-ce fleur de prunier
     Le sire d'Otomo, Gouverneur de Bungo   

820 筑後守葛井大夫(ちくごのかみふじゐだいぶ)
 梅の花 今盛りなり 思ふどち かざしにしてな 今盛りなり
Des fleurs de prunier
en cette heure de splendeur
entre bons amis
faisons-nous en des couronnes
en cette heure de splendeur
  Le sire de Fujiwi, Gouverneur de Chikugo

821 笠沙弥(かさのさみ)
 青柳(あほやぎ) 梅との花を 折りかざし 飲みての後(のち)は 散りぬともよし
De saule viride
et de fleurs de prunier
faisons des couronnes
apres que nous rons bu
qu'elles se fanent qu'importe
  Kasa no shami

822 主人(あるじ)
 吾(わ)が苑(その)に 梅の花散る ひさかたの 天より雪の 流れ来るかも
Dedans mon jardin
fleurs de prunier s'eparpillent
du ciel perenne
serait-ce neige qui vient
se deverser a grands flots
      Le maitre de maison

823 大監伴氏百代(だいけんばんじのももよ)
 梅の花 散らくは何処(いづく) しか清(す)がに この城(き)の山に 雪は降りつつ
Fleurs de prunier
ou donc s'eparpillent-elles
de toute facon
sur ces montagnes de Ki
c'est neige qui tombe encore
     Otomo no Momoyo, Grand Controleur

824 小監阿氏奥嶋(せうけんあじのおきしま)
 梅の花 散らまく惜しみ 吾 (わ) が苑 (その) の 竹(たけ)の林に 鴬鳴くも
Fleurs de prunier
regrettant que s'eparpillent
en mon jardin
dans le bosquet de bambous
le rossignol va chantant
      Ahe no Okishima, Controleur Adjoint

825  小監土氏百村(せうけんとじのももむら)
 梅の花 咲きたる苑(その)の 青柳(あほやぎ)を 蘰(かづら)にしつつ 遊び暮らさな
Fleurs de prunier
qui fleurissent en ce jardin
et saule viride
faisons-nous en des couronnes
et en jeux passons ce jour
   Hanishi no Momomura, Controleur Adjoint

826 大典史氏大原(だいてんしじのおほはら)
 うち靡く 春の柳と 吾(わ)が屋戸(やと)の 梅の花とを 如何(いか)にか分(わ)かむ
Saule de printemps
qui doucement ploie au vent
et de mon logis
toutes ces fleurs de prunier
comment les departager
   Fubitobe no Ohara, Grand Secretaire

827 小典山氏若麻呂(せうてんさんじのわかまろ)
 春されば 木末(こぬれ)隠 (がく)りて 鴬(うぐひす)ぞ 鳴きて去(い)ぬなる 梅が下枝(しづゑ)に
Quand vient le printemps
dans la ramure cache
le rossignol
s'en va s'en vient en chantant
dans les rameaux de prunier
   Yamaguchi no Wakamaro, Secretaire Adjoint

828 大判事丹氏麻呂(だいはんじたんじのまろ)
 人ごとに 折りかさしつつ 遊べども いや愛(め)づらしき 梅の花かも
Tout un chacun
rameau s'est couronne
se divertit
car plus aimable toujours
est la fleur de prunier
   Tajihi no Maro, Grand Juge

829 藥師張氏福子(くすりしちやうじのふくし)
 梅の花 咲きて散りなば 桜花 継(つ)ぎて咲くべく なりにてあらずや
Fleur de cerisier
fleurie quand defleurira
fleur de prunier
est-elle point destinee
a fleurir sur sa lancee
   Cho no Fukushi, medecin

830 筑前介佐氏子首(ちくぜんのすけさじのこびと)
 万代(よろづよ)に 年は来経(きふ)とも 梅の花 絶(た)ゆることなく 咲きわたるべし
Dussent les annees
de dix mille ages passer
fleurs de prunier
sans jamais avoir de cesse
toujours fleuriront encore
     Saheki no Kobito, Lieutenant Gouverneur de Chikuzen

831 壹岐守板氏安麻呂(いきのかみばんじのやすまろ)
 春なれば 宜(うべ)も咲きたる 梅の花 君を思ふと 夜眠(よい)も寝(ね)なくに
Puisque c'est printemps
a raison avez fleuri
o fleurs de prunier
encore qu'a vous pensant la nuit ne puis sommeiller
     Itamochi no Yasumaro, Gouverneur d'Iki

832  神司荒氏稲布(かむずかさくわうじのいなしき)
 梅の花 折りてかさせる 諸人(もろひと)は 今日の間(あひだ)は 楽しくあるべし
De fleurs de prunier
cueillies le chef couronne
que tous et chacun
tout au long de ce jour d'hui
puissent vivre dans la joie
    Araki no Inashiki, Charge des Affaires des Dieux

833 大令史野氏宿奈麻呂 (たいりやうしやじのすくなまろ)
 毎年(としのは)に 春の来らば かくしこそ 梅をかさして 楽しく飲まめ
Toutes les annees
quand printemps sera venu
de meme facon
couronnes de prunier joyeusement nous boirons
     Wono no Sukunamaro, Grand Greffier

834  小令史田氏肥人(せうりやうしでんじのこまひと)
 梅の花 今盛りなり 百鳥(ももとり)の 声の恋(こい)しき 春来るらし
Des fleurs de prunier
voici l'heure de splendeur
car des cent oiseaux
faisant desirer le chant
printemps est venu ce semble
    Taguchi no Komahito, Greffier en Second

835 藥師高氏義通(くすりしかうじのよしみち)
 春さらば 逢はむと思ひし 梅の花 今日(けふ)の遊びに 相(あひ)見つるかも
Quand viendrait printemps
elles que j'esperais voir
fleurs de prunier
aux jeux du jour d'aujourd'hui
voila que je les ai vues
     Taka no Yoshimichi, medecin

836 陰陽師礒氏法麻呂(おんやうじきじののりまろ)
 梅の花 手折りかさして 遊べども 飽き足らぬ日は 今日(けふ)にしありけり
De fleurs de prunier
cueillies tete couronnee
nous nous divertissons
mais un jour dont ne sommes las
c'est bien le jour d'aujourd'hui
   Isobe no Norimaro, Maitre du yin et du yang

837 笇師志氏大道(さんししじのおほみち)
 春の野に 鳴くや鴬(うぐひす) なつけむと 吾(わ)が家(へ)の苑(その)に 梅が花咲く
Pour apprivoiser
le rossignol qui chante
aux champs du printemps
au jardin de ma maison
fleurs de prunier ont fleuri
 Sansi no Omichi, Maitre des Comptes

838 大隅目榎氏鉢麻呂 (おほすみのさくわんかじのはちまろ)
 梅の花 散り乱(まが)ひたる 岡(をか)びには 鴬鳴くも 春かたまけて
Au flanc des coteaux
ou s'eparpillent en tous sens
fleurs de prunier
le rossignol a chante
parce que printemps approche
    Enowi no Hachimaro, Bailli d'Osumi

839 筑前目田氏真上(ちくぜんのさくわんでんしのまかみ)
 春の野に 霧立ちわたり 降る雪と 人の見るまで 梅の花散る
Aux champs du printemps
le brouillard s'est etendu
et tant et si bien
que l'on dirait neige qui tombe
fleurs de prunier s'eparpillent
    Tanabe no Makami, Bailli de Chikuzen

840  壹岐目村氏彼方(いきのさくわんそんじのをちかた)

Saule de printemps
cueilli pour m'en couronner
fleurs de prunier qui donc les a fait flotter
sur la coupe de sake
     Murakami no Ochikata, Bailli d'Iki

841 對馬目高氏老(つしまのさくわんそんじのをちかた)
 鴬の 音(おと)聞くなへに 梅の花 吾家(わがへ)の苑(その)に 咲きて散る見ゆ
Du rossignol
alors que j'entends le chant
fleurs de prunier
au jardin de ma maison
fleuries l'on voit defleurir
    Takamuko no Oyu, Bailli de Tsushima

842 薩摩目高氏海人(さつまのさくわんかうじのあま)
 吾(わ)が屋戸(やと)の 梅の下枝(しづゑ)に 遊びつつ 鴬鳴くも 散らまく惜しみ
Dans les basses branches
du prunier de mon logis
tout en folatrant
le rossignol va chantant
regrettant qu'il defleurisse
    Taka no Ama, Bailli de Satsuma

843  土師氏御道(はにしうじのみみち)
 梅の花 折りかさしつつ 諸人(もろひと)の 遊ぶを見れば 都しぞ思(も)ふ
De fleurs de prunier
cueillies tete couronnee
lorsque je vois
un chacun se divertir
de la Ville il me souvient
    Hanishi no Mimichi

844  小野氏國堅(をのうじのくにかた)
 妹が家(へ)に 雪かも降ると 見るまでに ここだも乱(まが)ふ 梅の花かも
Tant que l'on croirait
qu'a la maison de m'amie
c'est neige qui tombe
voyez comme s'eparpillent
les fleurs de ces pruniers
    Wono no Kunikata

845 筑前拯門氏石足(ちくぜんのじようんじのいそたり)
 鴬の 待ちかてにせし 梅が花 散らずありこそ 思ふ子がため
O fleurs de prunier
qu'attendait le rossignol
impatiemment
restez sans vous disperser
pour la bell enfant que j'aime
    Kadobe no Isotari, Chikuzen no Jo

846 小野氏淡理(をのうじのたもり)
 霞(かすみ)立つ 長き春日(はるひ)を かさせれど いや懐(なつか)しき 梅の花かも
Quand brume s'eleve
en ce long jour de printemps
m'en suis couronne
et d'autant plus je m'attache
a ces fleurs de prunier
    Wono no Tamori

(32首はここまで)

◆員外(いんがい)、故郷を思(しの)へる歌両首
 Deux poemes hors ssrie evoquant le souvenir de la patrie:

5・847 我がさかり いたく降(くた)ちぬ 雲に飛ぶ 薬食(は)むとも また変若(をち)めやも
 (私の男盛りはすっかり過ぎてしまった。飛行長生(ひぎょうちょうせい)の仙薬を飲んでも、再び若返りはしまい。)
Mon plus bel age
desormais je l'ai vecu
prenant la liqueur
qui fait planer dans les nues
retrouverai-je jouvence 


5・848 雲に飛ぶ薬食(は)むよは都見ば卑(いや)しき吾(あ)が身また変若(をち)ぬべし
(雲まで飛べる仙薬を飲むより、都を見た方が とるに足りないわが身でも 、また若返るに違いない)
Plutot que de prendre
la liqueur qui fait planer
la Ville revoir
jouvence redonnerait
a ce miserable corps

Quatre poemes sur les pruniers, rajoutes par la suite
◆後に追ひて梅の歌に和(こた)へたる四首

5・849 残りたる雪に交(まじ)れる梅の花早くな散りそ雪は消(け)ぬとも (大伴旅人)
Fleurs de prunier
qui vous melez a la neige
restee derniere trop tot ne vous dispersez
quand meme fondrait la neige

850 雪の色を奪ひて咲ける梅の花今盛(さか)りなり見む人もがも ( 大伴旅人)
Fleurs de prunier
qui pour fleurir ont ravi
l'eclat de la neige
sont a l'heure de splendeur
ah si quelqu'un les voyait

851 吾(わ)が屋戸(やと)に盛りに咲ける梅の花散るべくなりぬ見む人もがも (大伴旅人)
Fleurs de prunier
magnifiquement fleuries
pres de mon logis
bientot vont s'eparpiller
ah si quelqu'un les voyait

852 梅の花夢に語らく風流(みや)びたる花と吾(あ)れ思(も)ふ酒に浮かべこそ(大伴旅人)
Fleurs de prunier
en songe m'ont dit ceci
nous sommes des fleurs
courtoises du meilleur ton
sur le vin faites-nous flotter

[Ailleurs il est dit : ≪ Inutilement / ne nous laissez disperser / sur le vin faites nous flotter ≫.
一に言う「いたづらに 我を散らすな 酒に浮かべこ

最後に歌いたい万葉集の歌「中臣宅守(なかとみのやかもり)、狭野弟上娘子(さののおとがみのおとめ) と贈答する歌


je me saurai plus que fair3723: あしひきの 山道越えむと する君(きみ)を心に持(も)ちて 安(やす)けくもなし
◆意味: 山道を遠く越えてゆこうとするあなた、そのあなたを心に抱え続け、この頃は安らかな時とて ありません
。 
Vous qui allez
franchir les routes abru ptes
des apres montagnes
vous porte en mon Coeur si tant
que ne puis repos trouver

3724: 君(きみ)が行く 道(みち)の長手(ながて)を 繰(く)り畳(たた)ね 焼(や)き滅(ほろ)ぼさむ  天(あめ) の火(ひ)もがも  
◆意味:あなたが行かれる道の長道、その道のりを、手繰って折り畳んで、焼き滅ぼししまう、ああんな火があったらなあ

La si longue route
par laquelle vous partez
la voudrais rouler
et mettre en tas pour que puissant
feux celestes la detruire

3725: 我(わ)が背子(せこ)し けだし罷(まか)らば 白栲(しろたえ)の 袖(そで)を振(ふら)らさね 見(み)つつ偲(しの)はむ         
◆意味:いとしいあなた、あなたが万が一、遠い国へ下って行かれるなら、その時は、まっ白な衣の袖を私に振ってくださいね。せめてそれを見てお偲びしたいと思います。

O mon doux ami
si devez vous en aller
veuillez votre manche
de blanche toile agiter
a sa vue me souviendrai

3726: このころは 恋(こ)ひつつもあらむ 玉(たま)櫛笥(くしげ)  明(あ)けてをちより すべなかるべし
◆意味:今のうちは、恋い焦がれながらもまだこうして我慢もできしょう。だけど、一夜明けた明日からは、どうして過ごしてよいのやら、なすすべもなくなることでしょう、

Cette heure encore passe
que je me languisse
[mais coffret precieux]
au dela du point du joure

[Les quatre poems ci-dessus,
la dame des composa a L’heure de la separation.]
 
 右の四首は、娘子、別れに臨みて作る歌

3727: 塵泥(ちりひぢ)の  数(かず)にもあらぬ  我(わ)れゆゑに  思(おも)ひわぶらむ妹(いも)がかなしさ              
◆意味:塵(ちり)や泥(どろ)のような物の数でもないこんな私ゆ えに、今頃さぞかししょげかえっているであろう。あの人が何と もいとおしくてならない、

Pour moi qui ne vaux mieux
que poussiere ni boue
ue ma douce amie
puisse ainsi se tourmenter
de tristesse me remplit

3728: あをによし 奈良(なら)の大道(おほち)は 行(ゆ)きよけど この山道(やまみち)は 行(ゆ)き 悪(あ)しかりけり                      
◆意味: あをによし奈良、あの都大路は行きやすいけれども、遠い国へのこの山道は何とまあ行きづらいことか。

Par les grands Chemins
de Nara a la belle terre bleue
cheminer est aise
mais par ces routes des monts
s’en aller est malaise

3729: 愛(うるは)しと 我(あ)が思(も)ふ妹(いも)を 思(おも)ひつつ 行(ゆ)けばかもとな 行(ゆ)き悪(あ)しかるらむ       
◆意味:すばらしいと私がおもいつめている人、あの子を心にかけて行くので、こうもむやみやたらと、行きづらいのであろうか。この山道は

Pensant a m’amie qui
pour moi est la plus belle
parce que m‘en vais
m’en aller me sera sans doute
bien plus malaise encore

3730: 畏(かしこ)みと  告(の)らずありしを み越(みこし)道(ぢ)の 手向(たむ)けに立(た)ちて 妹(いも)が名告(なの)りつ           
◆意味:恐(おそ)れはばかって、ずっと口(くち)に出(だ)さずにいたのに、越(こし)の国(くに)へと超(こ)えて行(ゆ)く 道(みち)の手向(たむ)けの山(やま)に立(た)って、とうとうあの人(ひと)の名 (な)を 口(くち)に出(だ)してしまった 。

J’etai:la craignant
De prononcer tout haut
quand sur le chemin 
de Koshi faisant mes offrandes
de m’amie j’ai dit le nom


[Les quatre poems ci-dessus.Nakatomi no Asomi
Yakamori les com‐posa au moment de prendre la route]

右の四首は中臣朝臣宅守、道に上りて作る歌                     

3731: 思(おも)ふ故(ゑ)に 逢(あ)ふものならば しましくも 妹(いも)が目離(めかれ)て 我(わ)れ居(を)らめやも
◆意味:思う故(ゆえ)に、逢ふものならば、しましくも、妹が目離れて、我れ居らめやも
 
Si pour re rejoinder
il suffisait que l’on aime
fuc-ce un seul instand
se pourrait-il que je rest
loin des yeux de m’amie

3732: あかねさす 昼は物思(ものも)ひ ぬばたまの 夜(よる)はすがらに 音(ね)のみし泣(な)かゆ
◆意味:明(あか)るい昼(ひる)は昼で、物思(ものおも)いに耽(ひた)るばかり、暗(くら)い夜(よる)は夜で、夜どおし声(こえ)をあげて、泣(な)けてくるばかり。

Aux rouges lueurs
du jour je reste pensif
et toute la nuit noire
comme jais ne fais
que pleurer tant que je puis

◆以下のフランス語万葉集は2017/06/03に、県立万葉文化館図書室で、コピーしました。時間が有れば、順次掲載します。
3733: 我妹子が 形見の衣 なかりせば 何物もてか 命継がまし

Si n'etait la robe
qu'en souvenir me donna
ma douce amie
de quoi pourrais-je m'aider
pour prolonger cette vie

3734: 遠き山 関も越え来ぬ 今さらに 逢ふべきよしの なきが寂しさ

Barrieres et monts lointains
suis venu passant
qu'il n'est de moyen
desormais de vous rejoindre
me laisse desempare
aissait dans mes songes

3735: 思はずも まことあり得む やさ寝る 夜の夢にも 妹が見えざらなくに

Ne penser a elle
en verite le pourrais-je
ah si seulement la nuit
quand je dors mamie
ne par
3736: 遠くあれば 一日一夜も 思はずて あるらむものと 思ほしめすな
Qu'un jour qu'une nuit
parce que je suis au loin
je pourrais rester
sans une pensee pour vous
gardez-vous bien de le croire

3737: 人よりは 妹ぞも悪しき 恋もなく あらましものを 思はしめつつ

Nulle autre que vous
m'amie n'en porte la faute
ah si je pouvais
ne point me languir ainsi
au lieu de me tourmenter

3738: 思ひつつ 寝ればかもとな ぬばたまの 一夜もおちず 夢にし見ゆる
Serait-ce qu'en sommeil
malgre moi je pense a vous
que sans qu'il s'en faille
d'une seule nuit de jais
en songe m'apparaissez

3739: かくばかり 恋ひむとかねて 知らませば 妹をば見ずぞ あるべくありける.
Que si a l'avance
j'avais su qu'il me faudrait
languir de la sorte
j'eusse certes prefere
n'avoir jamais vu m'amie

3740: 天地の 神なきものに あらばこそ 我が思ふ妹に 逢はず死にせめ

De ciel et terre
si les dieux en verite
n'avaient d'existence
sans jamais revoir m'amie
se pourrait bien que je meure

3741: 命をし 全(また)くしあらば あり衣(ぎぬ)の ありて後にも 逢はざらめやも
Que si sain et sauf
ma vie je dois conserver
ah robe de soie
ainsi soit un jour encore
pourquoi ne vous reverrais-je

3742: 逢はむ日を その日と知らず 常闇(とこやみ)に いづれの日まで 我れ恋ひ居らむ

Sans savoir quel jour
sera le jour des retrouvailles
dans les obscures tenebres
me faudra-t-il done languir

3743: 旅といへば 言(こと)にぞやすき すくなくも 妹に恋ひつつ すべなけなくに
Quand on dit voyage
voila qui est vite dit
or mais de m'amie
languir d'amour de la sorte
n'est une petite affaire

3744: 我妹子に 恋ふるに我れは たまきはる 短き命も惜しけくもなし
De ma douce amie
pour ce qu'ainsi je languis
ma breve existence
encore que precieuse
n'a pour moi nulle valeur

右の十四(14)首は中臣(なかとみの)朝(あそみ)臣宅(やか)守(もり)が、
 武生の配所(3770に「味真野」とある)に到着した宅守から都の娘子にまず贈った歌。

3745: 命あらば 逢ふこともあらむ 我がゆゑに はだな思ひそ 命だに経ば

Si restons en vie nous
nous reverrons sans doute
a cause de moi
done ne vous tourmentez
tant pour peu que dure la vie

3746: 人の植うる 田は植ゑまさず 今さらに 国別れして 我れはいかにせむ

Sans planter le champ
qu'hommes plantent d'habitude
en autre province
a present que vous voici
moi que vais-je devenir

3747: 我が宿の 松の葉見つつ 我れ待たむ 早帰りませ 恋ひ死なぬとに
3748: 他国は 住み悪しとぞ言ふ 速けく 早帰りませ 恋ひ死なぬとに
3749: 他国に 君をいませて いつまでか 我が恋ひ居らむ 時の知らなく
3750: 天地の 底ひのうらに 我がごとく 君に恋ふらむ 人はさねあらじ
3751: 白栲の 我が下衣 失はず 持てれ我が背子 直に逢ふまでに
3752: 春の日の うら悲しきに 後れ居て 君に恋ひつつ うつしけめやも
3753: 逢はむ日の 形見にせよと たわや女の 思ひ乱れて 縫へる衣ぞ
3754: 過所なしに 関飛び越ゆる 霍公鳥 多我子尓毛(ミヤコガコニモ)止まず通はむ
◆註・「多」我子尓毛の「多」→「京」の代える
3755: 愛しと 我が思ふ妹を 山川を 中にへなりて 安けくもなし
3756: 向ひ居て 一日もおちず 見しかども 厭はぬ妹を 月わたるまで
3758: さす竹の 大宮人は 今もかも 人なぶりのみ 好みたるらむ              ◆意味: 大宮人(おほみやひと)は、今でも、人をもてあそぶようなことを好んでやって
いるのだろうか。(都にいる君のことが心配・・・・) 
3759: たちかへり 泣けども我れは 験なみ 思ひわぶれて 寝る夜しぞ多き
3760: さ寝る夜は 多くあれども 物思はず 安く寝る夜は さねなきものを
3761: 世の中の 常のことわり かくさまに なり来にけらし すゑし種から
3762: 我妹子に 逢坂山を 越えて来て 泣きつつ居れど 逢ふよしもなし
3763: 旅と言へば 言にぞやすき すべもなく 苦しき旅も 言にまさめやも
3764: 山川を 中にへなりて 遠くとも 心を近く 思ほせ我妹
3765: まそ鏡 懸けて偲へと まつり出す 形見のものを 人に示すな
3766: 愛しと 思ひし思はば 下紐に 結ひつけ持ちて やまず偲はせ
3767: 魂は 朝夕にたまふれど 我が胸痛し 恋の繁きに
3768: このころは 君を思ふとすべもなき恋のみしつつ音のみしぞ泣く
3769: ぬばたまの 夜見し君を 明くる朝 逢はずまにして 今ぞ悔しき
3770: 味真野に 宿れる君が 帰り来む 時の迎へを いつとか待たむ
3771: 宮人の 安寐も寝ずて 今日今日と 待つらむものを 見えぬ君かも
3772: 帰りける 人来れりと 言ひしかば ほとほと死にき 君かと思ひて
3773: 君が共 行かましものを 同じこと 後れて居れど よきこともなし
3774: 我が背子が 帰り来まさむ 時のため 命残さむ 忘れたまふな
3775: あらたまの 年の緒長く 逢はざれど 異しき心を 我が思はなくに
3776: 今日もかも 都なりせば 見まく欲 り西の御馬屋の 外に立てらまし
3777: 昨日今日君に逢はずてするすべのたどきを知らに音のみしぞ泣く
3778: 白栲の 我が衣手を 取り持ちて 斎へ我が背子 直に逢ふまでに
3779: 我が宿の 花橘はい たづらに 散りか過ぐらむ 見る人なしに 
3780: 恋ひ死なば 恋ひも死ねとや 霍公鳥 物思ふ時に 来鳴き響むる
3781: 旅にして 物思ふ時 に霍公鳥 もとなな鳴きそ 我が恋まさる
3782: 雨隠り 物思ふ時に 霍公鳥 我が住む里に 来鳴き響もす
3783: 旅にして 妹に恋ふれば 霍公鳥 我が住む里に こよ鳴き渡る
3784: 心なき 鳥にぞありける 霍公鳥 物思ふ時に 鳴くべきものか
3785: 霍公鳥 間しまし置け 汝が鳴けば 我が思ふ心 いたもすべなし

2017年3月改訂 現在の勝川京子のブログを集めてみました

2017年3月改訂 現在の勝川京子のブログを集めてみました
◆「万葉集をフランス語で歌う」リヴィエール音楽サロン
  http://blog.livedoor.jp/madameriviere/ 下のURLと同じになっていたので訂正しました
◆「魅せられたる魂」R・ロランと「ヘッセ詩集」H・ヘッセ
http://plaza.rakuten.co.jp/annetteriviere/
◆「じじ喜昭 と ばば京子 と まごたちの絵」 Salon de quatreK.K 
   http://rivierekai.exblog.jp 
⇒http://quatrek.exblog.jp/ 上記のHPが更新不可能になり⇒続「じじ喜昭 と ばば京子 と まごたちの絵」として再開しました 2017年3月

今歌いたいフランス語万葉歌 :「万葉集巻15の3723〜3785」中臣宅守(なかとみのやかもり)と佐野茅上娘子(さののちがみのおとめ)の63首の歌

今歌いたいフランス語万葉歌は、万葉集巻15にある中臣宅守(なかとみのやかもり)と佐野茅上娘子(さののちがみのおとめ)の悲恋物語で、引き裂かれて後に送りあった63首の歌が残されています。

佐野茅上娘子(さののちがみのおとめ)
◆ あしひきの 山道越えむと する君を 心に持ちて 安けくもなし (3723) 
訳「辛い山道を越えて行こうとするあなた、その姿をずっと心に持ち抱えたままで、私は安らかな気持になる時もありません。山道を越えてゆこうとするあなたを思って、不安でいっぱいです」
◆ 君が行く 道の長手を 繰り畳み 焼き滅ぼさむ 天(あめ)の火もがも (3724)
「 あなたが行く長い道のりを、手繰り寄せ、焼き滅ぼしてくれる天の火があったらよいのに」
◆ 我が背子し けだし罷(まか)らば 白妙の 袖を振らさね 見つつ偲はむ (3725)
「あなたが、もしや本当に都を去ってしまうのなら、せめて袖を振って下さい。それを見ながらお慕い申しておりましょう」
◆ この頃は 恋ひつつもあらむ 玉くしげ 明(あ)けて後(をち)より すべなかるべし (3726)
「今はまだ、(あなたがおそばにいらっしゃるから)恋しく思っていられます。“玉櫛笥”ですが、夜が明ければ(あなたは行ってしまわれる、わたしにはもう)なすすべもありません」

最初の四首は娘子の歌である。宅守がまさに旅立たんとするにあたって、女のほうから口火を切るように呼びかけたのであろう。
 一首目は、まさに旅たちゆく男を思って、騒ぐ胸のうちを打ち明けて見せるが、その思いは二首目でいきなり爆発する。私たちの恋を邪魔立てするものは、天の火で焼かれてしまえばよい、激しい女心の表出である。このうたからすると、狹野茅上娘子という女性はかなり烈しい気性の持ち主だったらしい。だからこそ、禁制を破って不倫の恋に走ったのかもしれない。
 二首目のこの歌は、明治の女性解放家たちからも高く評価され、この国の女性の鑑としてもてはやされた。


中臣朝臣宅宅(なかとみのあそみやかもり)
◆ 塵(ちり)泥(ひじ)の 数にもあらぬ 我ゆゑに 思ひ侘(わ)ぶらむ 妹が悲しさ (3727) 
「塵や泥のようにつまらない、物の数にも入らない私のために、辛い思いをしているあなたが愛しいとよ。
◆ あをによし 奈良の大道(おほぢ)は 行きよけど この山道は 行き悪しかりけり(3728) 
「奈良の大路(おおじ)は楽に歩けるけれど、この山道は通ってゆくのが大変でした」
◆ 思ひつつ 寝ればかもとな ぬば玉の 一夜もおちず 夢にし見ゆる 
「思いながら寝入るからか、性懲りもなく、一夜も漏らさずあなたを夢に見ることだ」
◆ 愛(うるは)しと 吾が思(も)ふ妹を 思ひつつ 行けばかもとな 行き悪しかるらむ (3729)
「愛しいとわが思う妻を、なおも思い続けながら行くからか みだりやたらに 行くのが辛いこと よ」
 ◆ 畏(かしこ)みと 告(の)らずありしを 御越(みこし)道(ぢ)の 峠(たむけ)に立ちて 妹(いも)が名のりつ (3730) 
「名を口にするのは畏(おそ)れ多いとだまって来たのに、越路の峠に立ったら、こみあげるように、あなたの名を叫んでしまったよ、峠(たむけ)の神を恐れもせずに ・・・

右の四首は、中臣朝臣宅守が上道(みちだち)してよめる歌。

和サブローとMizobuchi Masashiの 「奇跡のシャンソン」コンサート名張市で

2016/05/30 晴れ薄曇り

 本当に、何と言うか久々に、私が求めていたシャンソンとギターのデュオ演奏を、目の当たりにした。
両手がピアノを滑らかに演奏するが如きに音が紡ぎ出される Mizobuchi Masashi氏を脅威の眼差しで追いかけた。ギターの音色が弧を描いて空中に放たれ光を帯びて分散してゆく。2016/05/30 名張市でのコンサートを紹介します。

[2部] :曲目「セゴビアの作品」3曲 溝渕仁啓 のギター

1.マドリーノ(マドリーノの人)演奏者の言葉:内容はマドリーノの風景
2.ナナ(子守唄)演奏者の言葉:子守唄は何故か悲しいもの。五木の子守唄等
3.セビージャ(セビリアの祭り)
 
 40席の私設ホールで私の席は2列目の左端、最前列左端に陣取るのはガリヴァーのような男子で、座高の低い私はガリバー氏の背中の後ろから左に時々顔を出し、歌手の和サブロー氏を観て、ガリヴァー氏の背中の後ろから、右に顔を向けて、ギター演奏者を観る。ギターを演奏する両手の動きと形は、ピアニストが鍵盤の上に於いた手(手のひらで卵を軽く包んだ形・子供の頃先生から学んだこと)を、そのままの形でギターの演奏をしている。柔らかな手の動きと流れるようなスピードは、実際にその場で観ないと、文章では伝えられない。ギターでビブラートを付けたり、セーハをかけたり等の独特の動きが見られないのだ。柔らかな手の動きの中で、すべてが行われている。75歳の手習いで、少しばかりギターに触れている私には、目の当たりにする、この脅威のギター演奏に、ただただ目を見張るばかりだった。
 ギターの分散和音はピアノの音色と大差ない。魔法にかかった様な状態で、今観て聴いている音は、ギター?否 ピアノ? こんな状態で奏でられる、天上の音楽に惹き込まれた、あっと言う間の2時間を過ごした。

[1部]
ホール内のバルコニーの階段上から突如シャンソン「枯葉」のメロディが私の頭上に降りかかった。
軽く頬を撫でる和サブロー氏の歌声は、私が初めて聴く歌声だ
◆. 枯葉 Les feuilles mortes   Jacques Prevert.詩 Joseph kosma 曲
ミッシェル・ルグランMichel legrabdの曲2曲 (和サブロー氏は1980年代に一緒に活動された)
◆シェルブールの雨傘Les parapluies de Cherbourg
◆ミラボー橋Le pont Mirabeau   Guillaume Appllinaille詩 Leo Ferre曲
日本語の詩の朗読から始まり、フランス語に移行して行き、最後の2節位の箇所で歌のメロディになってNi temps passe Ni les amours reviennent Sous le pont Mirabeau coule la Seihe で終わる。
 私は思わず恥ずかしさを振り払って C'est Manifique!「セ・マニフィック」と叫んでいた。
和サブロー氏は、ここ名張市で「素晴らしい」と言ってもらってと喜んで下さった。他所では2、3人から声がかかるそうだ。本当に素晴らしかったのだ。
 ◆ミラボー橋はギョーム・アポリネールの詩にレオ・フェレが曲をつけたもので、モンマルトルの町角の居酒屋 Lapin Agile(ラパン・アジル)で 、アポリネールはローランサンに恋をして振られて、この歌が生まれたとか、聞いてはいたが、34年もパリ暮らしの和サブロー氏から聞くと、更に現実感が増してくる。
 モンマルトルが芸術家で賑わった20世紀初頭、ラパン・アジルは客たちにフレデと呼ばれたフレデリックが経営する庶民的な居酒屋だった。そこにはギョーム・アポリネールなどのモンマルトルの詩人たちが集まり、ピカソやヴラマンクなどの画家たちと語り合った。ここは当時、まだ売れない貧乏な芸術家たちが夜な夜な集まる安い居酒屋で、彼らは無頼な生活をしながら気ままに絵を描き、夜になるとフレデの店に集まってワインを飲み語り合ったのだ。

(20年も前に桜井市がフランスのシャルトル市と姉妹提携を結んで、フランス語の無料講座が開かれた。私はそこへ13年余り通った。そこで瀬古先生に習った「ミラボー橋」をこんな形の演奏で聴けたことは私の宝物になった。)和サブロー氏のお話では、シャンソンの本場パリでは、楽譜通りのシャンソン(歌)を歌っても、歌っている歌手本人独特の歌になっていなければ誰も振り返ってはくれないそうだ。

4華麗なるギャツいビーから
◆胸の中の風車が回る。
◆ノルウェーの森の上に雪が舞う
◆風のささやき
◆パダンパダン(心臓がバクバクする鼓動の音だとか、DVDで観たピアフの強い声の歌が記憶にある)
◆さとうきび畑(森山良子歌)、これも素晴らしい詩の朗読と歌で構成されていて、聴衆の心を、鷲掴みにして 離さない、それにしても、何という素晴らしい歌唱だろう。和サブロー氏が大好きな、茨木のり子の詩に作曲された歌で、和サブロー氏のお母さんの年代・第2次世界大戦中の作詞だそうだ。
 この詩は「私が一番綺麗だった時.....ではじまり、街では......崩れて行って.... 」作詞者は私の年代でもあるのだろう。和サブロー氏は20歳でパリへ行かれたとして、34年の在住と聞けば、53,4歳だろうか、私の娘は1965年生まれで、50歳になる。
◆アンコール曲は「さくらんぼの実る頃」 J-Bクレマン詩.A.ルナール曲 
 ジャン・パティスト・クレマン(1837〜1903)/Jean-Batiste Clement
和サブロー氏の素晴らしい語りで、単調なメロディーに秘められた、パリ独立運動の歴史秘話が解説されて、この歌の真髄を識ることができました。
 『1871年5月28日、ヴェルサイユ軍に包囲されたパリ・コミューンの戦士達は、パリを守ろうと力の限り抵抗していた。その中に負傷者の手当をするルイーズという名の娘がいた。彼女に目を止めたのが、若い詩人クレマンだった。そして1855年、彼は「桜んぼの実る頃」を出版し、<1871年5月28日フォンテーヌ・オ・ロワ通りの勇敢な看護婦ルイーズに捧げる>と書いた。
 アントワーヌ・ルナール(1825〜1872)/Antoine Renard
元オペラ歌手だったルナールは、ミュージックホールの歌手に転身し、自作のシャンソンを歌っていた。クレマンの依頼で、この曲を作曲した。
 ルイーズ・ミッシェルは(1830〜1905)は女教師であったが、パリ・コミューンに参加。ニューカレドニアに流刑となり、6年後に特赦となる。後に「コミューン、その歴史と回想」という本を書き、高い評価を得た。
 ルイーズとクレマンの再会はなかった。』シャンソン、フランセーズ(フランス愛唱歌集・村田健司編より)

 私は食い入るように和サブロー氏の口元から目が離せない。というのは毎週金曜日の午後通っている
大阪市南森町のアンスティテュ・フランセ大阪(前日仏学館)のポエジー入門講座で、今J・プレヴェールの詩(枯葉)を勉強している最中で、2週間で一遍の詩を暗譜する課題が出るが、雑用が多い私には、なかなか難しい。でも昔歌った歌なら歌詞は頭にあるので、助かっている。
 パリジャン和サブロー氏の歌でリエゾンの確認、発音の口の形等、本当に本当に沢山勉強させて頂いた。
何よりも朗読の素晴らしさと、楽譜上に無い個々の単語間の、間(ま)の取り方と、歌い上げの素晴らしさは、和サブロー氏のシャンソンを愛する心の美しさと、素晴らしさ(C'est manifique !)の現れです。
それは日々練り上げられ、精進されるお姿がひしひしと伝わってきます。
 
 京都ご出身なので、若き日に、きっと日仏学館でお勉強されたのでは無いでしょうか。
私も昭和36年に京都の中高生の音楽の先生になり、パリへ行く夢を抱いて、日仏の講座生になりました。
オシュコルヌ館長様の時代です。でも学校での、毎日6時間の授業に音を上げ挫折し、辞めて大阪の家へ帰り、音楽教室の講師になりました。2年も立たない内に結婚して、パリへの夢は遠くへ消えて、自宅での音楽教室と子育てに専念し、43歳の時に、新発足した桜井市の市民コーラスに参加して、8年間お世話になり、退団して、ソロの勉強を再開したのは50歳からです。奈良県橿原市にイタリア・オペラの優秀な先生がおられて、そこに入門して、日本歌曲、イタリア歌曲をおさらいしました。フランス歌曲の師もなく、孤軍奮闘して、年に1度の発表会ではフランス歌曲を歌いました。そこでは毎年、発表会のプログラム制作の原稿と印刷係としてお手伝いしましたが、2000年に第1回「フランス歌曲の夕べ」を開催後の2000年に、12年間お世話になった先生とお別れしたのです。63歳になっていました。声に震えが出てきて、フランス語の発音に無理が有ったのか、イタリア歌曲を歌っても、素直な発声が困難な状態でした。私が住む村内に、私の母校・大阪音大の後輩で、30代のバリトンで、素晴らしい先生がおいでになり、ボイストレーニングをお願いして2年間、「巻き舌でする発声」のお陰で、以前よりも良い状態で歌えるように成りました。有難いことです。
  それからは青年の頃の夢を思い出して、師と仰ぐ先生もなく、ほそぼそと自分のためにだけ、シャンソンを歌っています。現在は明日香村という土地柄から,明日香村伝承芸能保存会の万葉朗唱部門で、万葉集に作曲して歌う「万葉朗唱」に携わり、平成13年(2001)に明日香村に開館した県立万葉文化館での定例公演で、年に6回のミニコンサートで歌っています(日本語で)。でも死ぬまでに、一度はフランス人にフランス語を習いたいと、3年前に一念発起して、月に1度、アンステュテュ・フランセ京都で「フランス語万葉集」の勉強を始めました。担当のラファエル先生は、熱心に御指導くださいます。故ルネ・シフェール氏(前東京日仏学館館長・日本古典文学翻訳者)が全訳フランス語万葉集を上梓されたのが2002年で、2004年に故人になられました。
 私は誰に聞かせるでもないフランス語万葉集を、天国で、ルネ・シフェール氏に、いつの日かお会いできるのを目標に勉強中の身です。

「奇跡のシャンソン」
ギターの綺想➕>シャンソンの遊歩 Salon de K1004
2016年5月29日(日)開演14:00時〜16:00

和サブローが歌い語り、溝渕仁啓のギターが響き歌う 
フランスの歌、日本の歌
色彩溢れる音の糸を一本一本大切に紡いで行く
音と言葉の万華鏡
  デュポン エ デュポンの世界へようこそ 
   Dupon et Dupon
 和サブロー✕溝渕仁啓

Vocal 和サブロー Wasaburo
京都市出身、パリ在住。フランスでのキャリアは30年を越す。
パリを始めヨーロッパ各地でコンサート、テレビ出演等で活躍。
2000年、フランス政府より芸術文化勲章”シュバリエ賞”を授与される。
2006年、日本での活動を意欲的に開始。
2011年「俳句」がNHK・Eテレ「俳句王国がゆく」オープニング曲に採用される。
京都からフランス、そして日本へ、活躍の舞台が広がる。

Guitar 溝渕仁啓 Mizobuchi Masashi
立命館大学文学部心理学専攻卒。ギターを尚永豊文氏に師事。
1986年第11回日本ギター音楽大賞にてグランプリ。同年スペイン
アルコイにて故J.L.ゴンザレス氏に師事。
1996年より「 溝渕仁啓ギターコンサートシリーズ」として、定期的に演奏会を催す。
ソロの他フルートやヴァイオリンとのアンサンブル、クラッシック以外にもトロンボー
ンとのボサノバデュオ「Duo Sonnorosso」や近年和サブロー氏とのユニット
「Dupon et Dupon」を結成するなどジャンルを超えた幅広い演奏活動をしている。
またこれまでに、数多くの後進を育て、その指導は多くの人びとの信頼をあつめている。

以上は本日のコンサートのチラシです


フランスの高校生の俳句:アンスティチュ・フランセ「ポエジー入門」より2014.12.05

フランスの高校生の俳句
Entre les lumieres
l'ombre de la jolie voiture
une silhouette rouge
 (直訳)
 光の中に
 美しい車(フェラーリ)の傍に
 赤いシルエットの
◇フェラーリの シルエットの赤 輝いて(京)
  fe-ra-ri-no, shi-ru-etto no a-ka, ka-ga-yai-te
◇影光る 赤のフェラーリ 美しく 
ka-ge-hi-ka-ru aka-no-fe-ra-ri u-tu-ku-shi-ku

◆◆新訳俳句◆◆2015年12月1日 
俳句翻訳 :杏奴 (Annu)さん
◆車赤く 影黒く ヘッドライト眩し(杏奴)
ku-ru-ma a-ka-ku ka-ge ku-ro-ku hett-do-rai-to ma-bu-si (a-n-nu)

Carl

La lumiere verte coule            
Sur l'assiette blanche et brillante
Une glace a la menthe    
 (直訳)
 緑の光の流れ
 白く煌く お皿の上に
 ミントの氷
◇ミント水 お皿の上で 煌めいて (京)
min-to-su-i, o-sa-ra-no-ue-de, ki-ra-mei-te
◆皿白し 緑一点 ミントの氷 (杏奴)
 sa-ra si-ro-si, mi-do-ri i-ttu-ten, min-to no ko-ri (An-nu)

Pendant le printemps     
Le rubis des fruits        
L'homme donne des fraises a sa femme
 (直訳)春の間
 ルビーの果物(イチゴ)を
 人は彼女に与える
◇春到来 ルビーの宝石 プレゼント(京)
 ha-ru-to-rai ru-bi-no-ho-seki pu-re-zen-to

◎ 「本当は 宝石のルビーを プレゼントしたいが
   苺で我慢して ね」
 という、切ない気持ちを、歌っている

◆夫(つま)からの 苺やルビー 妻なれば (杏奴)
 tsu-ma ka-ra-no, i-chi-go ya ru-bi, tsu-ma na-re-ba (An-nu)


◎(夫)→現代語では(おっと)と読むが、
      文語体では(つま)と読む

例:日本歌曲 「平城山(ならやま)」
         北見志保子作詞、平井康三郎作曲

 1.人恋ふは 悲しきものと 平城山に 
   もとほり来つつ たえ難(がた)かりき
 2.古(いにしえ)も 夫(つま)に恋ひつつ 超へしとふ 
   平城山の路(みち)に 涙おとしぬ

Sous la neige blanche  
Les feuilles veulent voir le ciel 
Et combattre le froid 
 (直訳)
 白雪の下
 木の葉は空を見たい
 寒さと戦う
◇春新芽 空と逢うため 雪の下 (京)
haru-sin-me sora-to-au-tame yuki-no-sita
◇春新芽 寒さに耐えて 空を見る (京)
haru-sin-me sa-mu-sa-ni-tae-te so-ra-wo-miru

◆雪の下 空恋う緑 もがきおり (杏奴)
 yu-ki no shi-ta, so-ra ko-u mi-do-ri, mo-ga-ki o-ri (An-nu)


Foret sombre et noire    
Eclairee par la lune tendre 
Dans le soir mystique 
 (直訳)
 薄暗く黒い森
 月が友好的に照明している
 神秘的な夕方に
◇黒い森 微笑む月光 神秘的 (京)
kuro-i-mori ho-ho-e-mu-ge-ttu-ko sin-pi-te-ki

◆月やわく 森沈む闇 神秘の夜 (杏奴)
 tsu-ki ya-wa-ku, mo-ri shi-zu-mu ya-mi, shin-pi-no yo-ru (An-nu)

Robin

la mer est limpide
Elle ressemble au verre bleu clair 
Miroir de la terre      
 (直訳)
 透明な(澄んだ)海
 ライトブルーのガラスに似た
 地球の鏡
◇透明な 青色の海 地球の鏡(京)
toh-mei-na a-o-i-ro-no-umi chi-kyu-no-kagami

◆海澄みて 地球の鏡 空の色
 umi-sumi-te,chi-kyu no ka-ga-mi,so-ra no i-ro
   

Magique, la pleine lune! 
La penssee de ma cherie,
Me rend furieux.      
 (直訳)
 魔法、満月の
 恋人のことを考えて
 私を激怒しているようにします
◇ 満月の 魔法にかかり 喧嘩する(京)
 man-getu-no, ma-ho ni ka-ka-ri, ke-n-ka-su-ru

◆魔の満月 喧嘩生ずる 君と吾(杏奴)
 ma-no man-ge-tsu, ken-ka sho-zu-ru ki-mi to wa-re (An-nu)

Apres un orage,  
Comme un pont sur le ciel bleu,
L'arc-en-ciel se forme
 (直訳)
 雷の後に
 青空の上に橋のような
 弓型の空
◇雷鳴の 後に弓型  蒼い橋 (京子)

◆雷鳴去り 蒼穹の空 紅の橋 (杏奴)
 rai-mei sa-ri, sou-kyu no so-ra, be-ni no ha-shi, (An-nu)


Cerisiers en fleurs 
Je suis l'alee infinie. 
Plafond rose du ciel. 
 (直訳)
 桜の花
 無数の散歩道(桜並木)
 空の桜色の天井
◇何処までも 続く並木よ 空ピンク (京)
doko-made-mo、tu-zu-ku-na-mi-ki-yo、so-ra-pinku

◆花と吾 真紅の空と どこまでも (杏奴)
 ha-na to wa-re, shin-ku no so-ra to, do-ko-ma-de-mo (An-nu)


Lynn

Le cygne gracieux glisse )
Son enfant l'imite derriere 
Sur le lac calme.      
 (直訳)
 白鳥優雅な滑り(グリッセ)
 最後の限界まで
 静かな湖の上に
◇白鳥の 優雅な滑り 何処までも(京)
haku-cho-no yu-uga-na-su-be-ri do-ko-ma-de-mo

◆白鳥の すべる親子や 湖にみやび(杏奴)
 shi-ra-to-ri no, su-be-ru oya-ko ya, ko ni mi-ya-bi (An-nu)


Deux heures du matin    
Pour vous donc j'accueille la lune
mes devoirs m'attendent   
 (直訳)
 午前2時
 月を観る為に
 宿題のために起きていている 
◇丑三刻 観月のため する宿題
 u-si-mi-tsu-do-ki ka-n-ge-tsu-no-ta-me su-ru shu-ku-da-i

◆君がため こと為さぬまま 夜半の月(杏奴)
 ki-mi ga ta-me, ko-to na-sa-nu ma-ma, yo-wa no tsu-ki (An-nu)


Petite tulipe rose,       
A beille jauine belle et jolie,
Montre ton visage            
 (直訳)
 ピンク色のチュウーリップ
 美しい黄色の蜜蜂
 顔を見せなさい
◇ローズ・チューリップ 蜜蜂が蜜 吸い続け(京)
ro-zu-tyu-ritt-pu mi-tsu-ba-chi-ga-mi-tsu su-i-tsu-zu-ke


◆ローズ・チューリップよ  若いミツバチに  顔お見せ(杏奴)
 ro-zu chu-ri-tti-pu yo,wa-ka-i mi-tu-ba-chi ni, ka-o o-mi-se (An-nu)

杏奴さんからのメッセージ「俳句にするために」
◎575が基本ですが、中7、と言って2番目の部分は7音が好まれます。
◎字余りは普通最初におきます。
◎最後は体現止めが喜ばれる傾向があります。
◎動詞はなるべく少なくせよとよく注意されます。
◎季語は一句に一つ
◎字足らずは句として成立していないように、扱われるときがあります。
◎詩情は一点にしぼります。
★詩情よりも観察力が大切だと外人さんからの助言あり★杏奴

◇杏奴さんは私の夫の従妹で60代の女性。
 自宅で英会話塾をしています。
 若き日、大学の仏文学部を首席で卒業した才女。
 彼女は俳句を英訳していると聞いていたので、
 従兄妹(造語)会で、この俳句の話をして、
 「フランスの高校生の俳句」の翻訳を頼みました。
 彼女からのお便りは
 「フランス語はほとんど忘れていたので、
 まず復習してからと、、、合間合間に春ごろから勉強して、
 やっと取り掛かれるようになった次第です。
 私の再チャレンジを気軽にお読みください」
 と、昨日お便りをいただきました。2,015,12.02.

 アンナちゃん(私たちは昔からこう呼んでいます)
 本当にありがとうございました。
 「フランス語再開されて、おめでとう」

 「ポエジー入門のクラスにきてくださいね」
 

楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ